5月1日

プロジェクトをバックアップからインポートする

  1. Eclipseのメニューで[ファイル]-[インポート]を選択
  2. 一般→既存プロジェクトをワークスペースへを選択
  3. ルートディレクトリの選択でバックアップ先プロジェクトを選択
  4. 「プロジェクトをワークスペースにコピー」にチェック
  5. 「完了」をクリック

バックアップしてない人は、「\\kgakusei1\share\澤田\SE32014\c23]からインポートする。

Comparatorでオブジェクトを比較する

タイトル、作者、作成日、ファイルサイズ、長さ(時間)を比較するためのComparatorを作成してソートできるようにする。

前回の授業内容を思い出すために、テストを実行する。

タイトルを比較するためのMediaTitleComparatorを実装する。

作者名で比較するための MediaAuthorComparatorを作成する。

  1. [新規]-[クラス]で新しくクラスを作成する
  2. クラス名はMediaAuthorComparator
  3. java.util.Comparatorインタフェースを追加する
  4. インタフェースの型引数をMediaにする
  5. 「完了」でクラスを作成する

JUnitテストケースを作成する。

  1. パッケージエクスプローラでMediaAuthorComparatorを右クリックする
  2. [新規]-[その他]を選択する
  3. フィルターに ju と入力すると JUnitテストケース が現れる
  4. JUnitテストケースを選択し「次へ」をクリック
  5. さらに「次へ」をクリック
  6. 使用可能なメソッドで compare() にチェックを入れて「完了」をクリック
  7. これでテストクラスが作成される
import static org.junit.Assert.*;

import java.util.Comparator;

import org.junit.Test;


public class MediaAuthorComparatorTest {

	@Test
	public void testCompare() {
		Media m1 = new Media();
		m1.setAuthor("すずき");
		Media m2 = new Media();
		m2.setAuthor("やまだ");
		Comparator c = new MediaAuthorComparator();
		int a = c.compare(m1, m2);
		assertTrue(a < 0);
	}

}

ファイルサイズで比較するためのMediaSizeComparatorを作成する。

MediaSizeComparatorTestを作成する。

import static org.junit.Assert.*;

import java.util.Comparator;

import org.junit.Test;


public class MediaSizeComparatorTest {

	@Test
	public void testCompare() {
		Media m1 = new Media();
		m1.setSize(1000);
		Media m2 = new Media();
		m2.setSize(2000);
		Comparator c = new MediaSizeComparator();
		int a = c.compare(m1, m2);
		assertTrue(a < 0);
	}

	@Test
	public void testCompare1() {
		Media m1 = new Media();
		m1.setSize(1000);
		Media m2 = new Media();
		m2.setSize(1000);
		Comparator c = new MediaSizeComparator();
		int a = c.compare(m1, m2);
		assertTrue(a == 0);
	}

}

作成日で比較するためのMediaDateComparatorを作成する。

長さで比較するためのMediaLengthComparatorを作成する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です