4月10日

コレクションフレームワーク

オブジェクト同一性についての復習

オブジェクトの同一性は、ObjectクラスのhashCode()メソッドとequals()メソッドにより検査される。

hashCode()は、同一ではないインスタンスに対しては、できるだけ異なる値を返したほうがいいが、仕様では同一でもかまわないので常に1を返すようにする。

プログラムを実行するときにequals()メソッドがホットスポット(呼び出される回数が多い)となる場合は、異なる値を返すことを検討する。

equals()の実装は、JUnitテストケースを利用する。Manクラスのオブジェクの場合は、名前と年齢が一致していれば同一とみなす。

Mapインタフェース

MapはListとともに、Javaでよく利用される。

Mapは、キーと値のペアを格納する。キーは重複しない。値は重複する可能性がある。(異なるキーに対して同一の値を格納する場合など)

Listと配列の相互変換

配列をListに変換するには、ArraysユーティリティのasList()メソッドを使用する。

Listを配列に変換するには、ListインタフェースのtoArray()メソッドを使用する。

北九州大学大学院のソフトウェア公開授業
公開授業2014年前期のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です